メインコンテンツに移動

娘、「突発性発疹」で1週間程度ダウンの巻

koushikagawa.com

めっちゃ高熱が出たので心配していたら、突発性発疹でした。

先日娘が熱っぽくて、風邪かなーと思っていたら一気に40度越えの体温を叩き出しました。

40度って本当に出るのか、などと思いつつもめちゃくちゃ焦ったのですが、突発性発疹だったらしいです。その時の様子を簡単にまとめてみます。

発熱→不機嫌→完治 と1週間くらいかかったのですが、不機嫌期間が一番大変だったかも。(突発性発疹は、不機嫌病ともいうらしいです)

 

0日目(火曜日)

娘、咳をし出す。少し薄着だったり、寝る時布団剥いでいたので、風邪かなと思いつつ様子見。

医者に行くも喉が腫れているかもということで薬をもらい様子みることに。

夜、38度くらいまで熱が上がる。

1日目(水曜日)

午後、40.7度の熱。インフルかと思うも座薬入れて様子見。

寝かしつけで抱っこしていると暑くて苦しそう。

2日目(木曜日)

40度越えの熱が続く。

医者に行くが。インフルではない様子。

アイシングしながら様子見

3日目(金曜日)

40度越え。

4日目(土曜)

熱がだんだんと下がってくる。38度程度。

しかしなんだか機嫌が悪い。抱っこしていないとすぐぐずるし、妻がいないと泣きまくる。ずっと妻の後追いをする。不安なのかしら?

お腹を見ると発疹がちらほら。

5日目(日曜)

熱はだいぶ下がった。

しかしイヤイヤ期は続く。正直この不機嫌さが大変。熱の場合はぐったりしていたのでおとなしかったのだけれども、今回は熱はないけど機嫌が悪いので、ずっと抱っこしていないといけない。抱っこしているとほぼ何もできないので、1日が抱っこで終わる。

6日目(月曜)

絶賛不機嫌中。ご飯も食べないし何もしたくない。ただただぐずる。

7日目(火曜)

あれ、なんかニコニコしてる?って驚くくらいに笑顔が戻ってきた。回復に向かっているのかしら。発疹はまだ少しある。

8日目(水曜)

ほぼ不機嫌は終了。と言うより、病気になる前より笑顔がすごく良い。今まで苦しかったのが治って嬉しいのかな。ともあれ元気になってよかった。

 

ということで、だいたい1週間程度で完治しました。熱も心配だけど、不機嫌なのも大変だなと思った次第です。

突発性発疹については放送作家の鈴木おさむさんがコラムでも書いていたので、こちらで紹介します。めちゃめちゃ頷きながら読みましたよ、ほんと。

--広告--

こちらもおすすめ!!