メインコンテンツに移動

さくらのレンタルサーバにDrupal8をインストールしたら500 Internal Server Errorになったが解決した。

さくらのレンタルサーバにDrupal8をインストールしたら500 Internal Server Errorになったが解決した。

サーバ変更とともにドメインを移行したら500エラーが出たので、その対処法です。

こちらのブログなのですが、最初はさくらVPSを利用していましたが、よく考えたらレンタルサーバで良いんじゃないか?ということを最近思ってまして。

(サーバとかそんないじらないしな、とか)

で、先日さくらのレンタルサーバに変更しました。その際に500エラーが出たので、その時の対応方法を記載します。

 

サーバ環境について

元々の環境は以下です。

変更前の環境

・サーバ:さくらVPS

・ドメイン:さくらインターネット

こちらをいかに変更します。

 

変更後の環境

・サーバ:さくらのレンタルサーバー

・ドメイン:さくらインターネット

 

ということなので、下記の作業で変更可能と思い対応を進めていました。

  1. さくらのレンタルサーバを契約
  2. さくらのレンタルサーバにDrupalを立てる。
  3. さくらのレンタルサーバに、さくらVPSからDrupalディレクトリ移行
  4. さくらのレンタルサーバに、さくらVPSからMySQL移行
  5. さくらのレンタルサーバ上で問題なく動くかテスト
  6. さくらのドメインゾーンを変更

こちらで対応を進めました。

 

作業開始

それでは作業開始していきます。

1. さくらのレンタルサーバーを契約

さくらのレンタルサーバーを契約しました。もともとさくらのアカウントは持っていたのでスムーズに進みました。

2. さくらのレンタルサーバにDrupalを立てる。

Drupalインストールします。日本一のDrupal会社、annaiさんのブログが非常に参考になりました。(ありがとうございます...!!!)

ssh利用できるのが便利だなと思いました。

3. さくらのレンタルサーバに、さくらVPSからDrupalディレクトリ移行

こちらは単純にFTP等でファイルをダウンロードしてアップロードしました。

4. さくらのレンタルサーバに、さくらVPSからMySQL移行

Drupalのモジュール、Backup and Migrateモジュールにて対応しました。

5. さくらのレンタルサーバ上で問題なく動くかテスト

4までで基本的には対応完成です。あとはテストして問題なく動くかの確認。特に問題なかったです。

6. さくらのドメインゾーンを変更

テストで問題なければ、いよいよドメインの変更です。

もともとさくらインターネットでドメインを持っていたので、さくらインターネットの管理画面からの対応です。

さくらインターネットのこのページが参考になりました。

 

さてこれで完成だ、あとは反映されるのを待つだけ、、、と思っていたのですが、

 

問題発生:500エラー発生

最後、ドメインのゾーンをさくらレンタルサーバようにしてしばし待ちました(9時間くらい)。

そうすると、トップページは読み込まれるがCSSを読み込んでいないようでレイアウトが崩れ、トップページ以外では500エラーが表示されるようになりました。

500_2


まだドメインの反映がされていないのかな?と思い、とりあえず気長に待つことに。しかしいくら待っても反映されないので調べてみたところ、他に原因がありそうな感じで。。。

いろいろ調査開始。

 

結果:.htaccessの修正で直りました。

いろいろ調べていたところ、こちらのブログを発見。

Drupalルートディレクトリ直下の「.htaccess」を修正することで500エラーが解除されました。

修正点はコメントアウトされている「# RewriteBase /」を「RewriteBase /」に修正することで500エラーが表示されなくなりました!

# RewriteBase /

RewriteBase /

こちらで対応完了しました。

ドメインを設定する前は500エラーが出なかったのに、ドメイン変更したら500エラーが出たのでここで引っかかるとは思わず放置していました。

ドメイン割り当てる時は注意しましょう。

 

というわけで対応完了!これからしばらくはこのブログはさくらのレンタルサーバーで動かしていきます!

 

--広告--

こちらもおすすめ!!