メインコンテンツに移動

第9回「まつもと子どもたちの映画祭」に家族で参加してきました。

第9回「まつもと子どもたちの映画祭」に参加してきました。
3月24日(土)に開催された「まつもと子どもたちの映画祭」に家族で参加してきました。

3月24日(土)に開催された「まつもと子どもたちの映画祭」というイベントに参加してきました!
(イベント内容についてはこちらの記事をご参照ください。)

会場はまつもと市民芸術館という芸術ホールです。

 

まつもと子どもたちの映画祭とは?

このイベントを立ち上げたのは、「一般社団法人 松本映画祭プロジェクト」という団体でして、「子どもたちに大きいスクリーンで映画を楽しんでもらいたい!」という思いから始まったイベント。2010年から始まって今年で9回目を迎えるそうです。

 

まつもと子どもたちの映画祭レポート

当日はAプログラム(午前中の幼児向け)に参加してきましたので、そのレポートです。

まつもと子どもたちの映画祭

入り口。大きな看板でお出迎え。

 

映画自体は10時開場、10時半上映開始なのですが、会場は9時半から入れるようになっており、映画開始の前に「キッズストリート」という広場で遊べるようになっていました。

まつもと子どもたちの映画祭

キッズストリートには、お絵描きスペースやプレイルーム、グッズ販売など飽きずに楽しめるようになっています。

まつもと子どもたちの映画祭

私たちは10時くらいに行ったのですが、すでに大盛況でした。

 

映画祭のキャラクターでもあり、今回上映される「アマールカ」のマント。無料で配布されています。会場にいる子どもたちは喜んで被ってました。(娘も喜んでました)

まつもと子どもたちの映画祭

アマールカのパネルもありました。

まつもと子どもたちの映画祭

また、事前に配られる映画祭のパンフレットには塗り絵が付いているのですが、こちらを持参すると会場に張り出されるようです。

まつもと子どもたちの映画祭

まつもと子どもたちの映画祭

まだ朝早いのにこんなに張り出されてました。終わる頃には壁一面が塗り絵になるそう。壮大。

 

映画館内について

私は初めてこの会場に入ったのですが、めっちゃくちゃ広い。今回のイベントでは1200人程度入るそうです。こんな広いところで映画観れるのが単純に楽しみです。

まつもと子どもたちの映画祭

始まる前からボールが飛び交ったりと大盛り上がり。やっぱりボールは上がる。

 

上映開始

10時半になり上映開始。映画は1本10分程度の短編です。

娘、正直飽きるかなーと思っていたのですが、映画にじーっと見入ってました。「え、映画とかおとなしく見れるのか!」と正直驚きました。こういった発見もあるから楽しい。

また、「丘の上のダムキーパー」ではちょっと泣きそうに。これはやばい。

とても興味深そうに映画を見ていた娘の顔が印象的でした。

 

また、映画と映画の間には大道芸が行われたり、声優さんたちが出てきてアフレコの様子を見せてくれたりと、子供達を飽きさせない工夫が満載。
まつもと子どもたちの映画祭

やはり子どもはじっとしていられないので、こういう風に様々な催し物で楽しませてくれるのが嬉しい。

お腹空いたのか、娘が少しぐずりだしたので残念ながら途中で抜けましたが、最後までいたかった。しかし正直ここまで大人しくしているとも思っていなかったので、私としては正直大満足ですね。

 

最後に

映画も短編(10分程度)だし、キッズストリートも充実しているしで、子供と一緒に遊べるとても楽しいイベントでした。

松本市は昔は映画館がたくさんあったのですが、今ではほぼなくなってきていてシネコンばかりになっています。また、映画館の減少に伴い映画館に行く機会というのがめっきり減ってきている中、このようなイベントがあることは素晴らしいことだと思います。

また、子どもたちが初めて触れる映画体験の場としてとても素晴らしい場所だと感じました。

たくさんの(知らない)人たちと、映画を見るという同じ体験ができるというのは、本当にかけがえのないものだと思います。

 

来年の開催も発表されましたので、来年も参加したいと思います!

 

こうしたらもっと良くなるんじゃないかな、と思ったこと。

本当に素晴らしいイベントだったのですが、もう少し良くなるために強いてあげるとすれば、下記2点かなと思います。

・プレイルームをもっと広くして欲しい

キッズストリートには、子どもたちが自由に遊べるプレイルームがあったのですが、こちらが少し狭かったなと思います。

特に私の娘は1歳なのですが、3歳くらいの子たちと比べるとまだまだ小さくよちよち歩きなので、ぶつかったりするのが怖いんですよね。

キッズストリートにはまだ結構空いているスペースがあったので、プレイルームは広めに取ってもらえると助かるなと思いました。

・飲食ブースが欲しい

これは会場の問題なのかもしれないですが、飲食できるブースが欲しかったですね。欲を言えば、フードの販売もして欲しいです。

というのは、プログラムが9:30〜12:30なのですが、ごはん食べれないとなるとずっと会場にいることができないんですよね。今回も最後までいたかったのですが、娘にごはん食べさせなくてはいけないというので途中で泣く泣く抜けてきました。ここはお願いしたいところです。

 

ということでとても楽しいイベントでした!この先もずっと続いて欲しいと思います。来年も参加決定!

 

--広告--

こちらもおすすめ!!